製造/建設/保守・点検など「現場の安全教育」に VR教材で現場自己を低減しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 紙や動画教育では
    現実味がなく
    学習効率が悪い

  • 教材制作や教育者を
    揃えるのに、コストや
    手間がかかる

  • 人材不足のため
    教育者が足りず
    十分な研修ができない

  • 危険が多い、現場が遠い
    などの理由ですぐに
    現場での研修ができない

  • 企業秘密を含む
    内容のため教材制作を
    外注できない

mcframe MOTION で解決

「mcframe MOTION VR-learning」は、VR※や視線計測などの先端技術を活用し、安全教育のための動画教材を自分達で簡単に作成できる“VR学習システム”です。
汎用品の安価な機器を含め低コストで導入でき、まるで現場に入り込んだような臨場感で、高い学習効果を実現します。

※Virtual Realityの略。日本語では「仮想現実」とも訳され、人が実際に目で見たり耳で聞いたりした現実を、ITを駆使してデジタルで仮想的に再現し追体験できる技術のこと。

mcflame MOTION
VR-learningの
実際の導入イメージ

日水物流株式会社様

jireivideo

mcframe MOTION
VR-learningの特長

  • 特長1 VR教材の制作は簡単に内製
    できるので、
    追加の制作コスト不要

    教材を何本作成しても制作コストは一切かかりません 教材制作はとても簡単でお客様ご自身で制作できます。外部への制作コストが発生しないため、コンテンツを多く内製するほどコストメリットが生まれます。

    ソフトウェアのほか、必要な機材は
    VR-ReadyのPC、360度カメラ、
    ヘッドマウントディスプレイの3つだけ。

  • 特長2 簡単操作で、現場の誰もが使える

    3ステップでVR教材が完成!

    ステップ 1
    360度カメラで
    該当シーンを撮影
    「ステップ 1」のイメージ画像

    学習コンテンツは
    最短1時間から制作できます

    ステップ 2
    撮影した動画を見ながら
    確認ポイントを設定
    「ステップ 2」のイメージ画像
    ステップ 3
    確認ポイントに
    コメントを入力
    「ステップ 2」のイメージ画像

    まずは、①360度カメラで該当シーンを撮影、②撮影した動画を見ながら確認ポイントを設定して、③確認ポイントにコメントを入力…の3ステップでVR教材が出来上がり!

    特別なスキルは一切不要なので、現場の誰もが教材をタイムリーに作成できます。

  • 特長3 VRならではの臨場感で高い教育効果

    現場にいるのと同じ視界が
    眼の前に広がる!

    ヘッドマウントディスプレイを装着した学習者は、360度周囲を見渡しながら表示される確認ポイントをチェック。音声も再現でき、単に現場を撮影した動画をPCで見るのとは比較にならない「臨場感」で、高い教育効果が期待できます。

  • 特長4 完全内製化で情報漏えいの心配無用

    動画の撮影・編集などを外注する場合、企業秘密の漏えいをどう防ぐかが問題となります。操作が簡単で撮影も編集・設定も自分達でできる「mcframe MOTION VR-learning」なら、社内完結型でどんどん教材を作成でき現場主導で安全教育が進みます。

VR-learningと
既製コンテンツ型VRとの比較

VRを使った安全教育トレーニングは、既製コンテンツを購入する方式と、
VR-learningの様にコンテンツを自社で作成する方式があります。

  • 既製コンテンツ型VRトレーニング

    • 作成済みのコンテンツを購入することで、すぐに体験をすることができる

    • 一般的な危険シーンの体験例が用意されており、教育テーマを選択して決めることができる

    • 転落・感電などの事故の状況を疑似体験でき、安全意識の向上ができる

  • VR-learning

    • 実際の自社現場・設備での作業映像を使った、体験型トレーニングができる

    • 自社において重要度の高い作業・安全事項に関するVR教材が作成できる

    • 作成できるコンテンツ数に上限がないため、追加費用なく教材を拡充できる

様々な現場で、
様々な目的で使える

  • 工場や倉庫における作業の効率的な学習

    工場や倉庫における
    作業の効率的な学習

    工場や倉庫での安全な作業工程の学習や、座学だけでは中々伝えることのできない、熟練者の動作や思考を追体験することによる「カン・コツ」の伝承に役立ちます。
    また、VRだからこそ可能なリアルに近い空間再現により、自社工場の疑似体験を行うことができます。

  • 建設現場での危険個所確認と事故追体験

    建設現場での
    危険個所確認と事故追体験

    建設現場には様々な”キケン”が潜んでいます。例えば、近道行為を行うことによる事故や、重機の死角の把握不足による事故です。VRではそういった危険個所の事前確認や起こりうる事故を追体験できます。事故においては「事前に体験しておく」など本来はできない、あってはいけないことです。そのような体験を行っておくことで、実現場での事故防止に繋げることができます。

  • 保守・点検における手順や業務の学習

    保守・点検における
    手順や業務の学習

    保守・点検作業では、異常がないかチェックし、異常がある場合は迅速に解決に取り組む必要があります。そのためには点検手順をしっかり熟知し、異常が生じた際に迅速に対応できる見識がないといけません。VRでは確認すべき機器類を目の前に再現することで、いつ、どこでも点検手順や保守業務を学習することが可能です。

「mcframe MOTION VR-learning」製品動画

「mcframe MOTION VR-learning 」使用感の疑似体験動画、および製品コンサルタントによる
解説動画をご視聴いただけます。また製品資料もダウンロードいただけます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
その後ダウンロードページに遷移しますので、各ファイルのダウンロードと動画をご視聴ください。

  • 作成したVR教材のデモ動画

    作成したVR教材のデモ動画
  • 分かり易い紹介資料

    分かり易い紹介資料

※「動画を見る」を押しても画面が切り替わらない場合は「*」付の必須項目が埋まっているか、ご確認ください。