鈴与株式会社 mcframe RAKU-PAD 導入事例

鈴与株式会社 導入事例

鈴与株式会社 mcframe RAKU-PAD 導入事例
 

全社的な紙帳票の電子化でデータ活用を促進し、月間で370時間の作業時間と5,600枚の紙を削減したmcframe RAKU-PADの導入事例です。

導入事例の概要

大規模なネットワークを生かした物流サービスを国内外で展開する鈴与では、各物流拠点の現場における膨大な種類の紙帳票が課題となっていた。これを電子化して業務効率化を促進するべく、ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)の「mcframe RAKU-PAD」を導入。
注力領域であったヒヤリハット報告業務を中心に、数々の帳票を電子化することで、紙の消費量はもちろん紙帳票に伴う作業量の削減やデータを生かした業務改善のPDCA の体制を強化した。

ダウンロード方法
右のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
※は必須項目です。

鈴与株式会社 mcframe RAKU-PAD 導入事例