IoT時代のモノづくり、気付かぬエンジニアリングチェーン革新の落とし穴

image-offering

IoT時代のモノづくり、気付かぬエンジニアリングチェーン革新の落とし穴
 

全ての工程がデジタルのもとでシームレスにつながる「ものづくりデジタライゼーション」の世界が広がろうとしている。し かし、意外にもそのボトルネックになると問題視されている部門が、設計部門である。一貫性のあるエンジニアリング チェーンを構築するには何が必要か。同内容をテーマに取り上げた東洋ビジネスエンジニアリング主催の年次イベントに おけるスペシャルトークセッションの内容をお伝えする。

アジェンダ
  • 設計部門は“真のデジタル化”で取り残されている
  • ものづくりデジタライゼーションでの設計部門の理想像
  • 日本の製造業の将来に向けて必要なこと

※この記事は東洋ビジネスエンジニアリング主催「BE:YOND by b-en-g 2018」にて行われたセッション「IoT時代のモノづくり、気づかぬエンジニアリングチェーン革新の落とし穴」の内容を記事化したものです。

ダウンロード方法
右のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
※は必須項目です。

IoT時代のモノづくり、気付かぬエンジニアリングチェーン革新の落とし穴